早雲蜜芋本舗

井原市で人知れず育てられてきたさつまいもを戦国武将である北条早雲の生誕地であることから“早雲蜜芋”と名付けました。収穫後、一定の温度・湿度で貯蔵することで熟成し、焼いて低温で寝かせることで蜜が出ます。この二段熟成方法で焼き芋を作り販売しています。

屋号 早雲蜜芋本舗
出店エリア 倉敷市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、浅口市、早島町、里庄町、矢掛町、吉備中央町
提供メニュー 焼き芋、ひゃっこいも(冷凍焼き芋)、みついもパフェ、ひゃっこdeブリュレ
WEB

 

「早雲蜜芋本舗」について

自己紹介


自然が生み出す奇跡の芋
早雲蜜芋本舗では、さつまいもの生産から販売まで一貫して行っております。
焼けた皮の香ばしさと甘い匂い。
蜜がしみ出るしっとり濃厚な味わいの「早雲蜜芋」。
自然が作り上げた奇跡の芋をご堪能ください。

こだわり

特製の「石室」で長期熟成
「早雲蜜芋」は岡山県の在来種として栽培を続けています。
安納芋に近いものと推測されますが、濃厚な甘さが特徴で飽きの来ない味として好評で、芋本来の生命力を活かした栽培にこだわっています。
最大の特徴は手作りの「石室」を利用して貯蔵・管理しているところです。年間を通じて一定の温度・湿度に保つことで長期熟成を実現しています。
土の中で、ぷっくり太った芋を収穫した後は、美味しさの為の熟成期間が必要となります。その熟成を行うのが特製の「石室」です。
石室は、数年かけて岩盤を削り、運び、築いた貯蔵庫です。
この石室で年中、温度や湿度を一定に保ち、芋の甘さを引き出します。
この熟成により、蜜芋本来の甘みとしっとり感あふれる至高の味が完成します。

おすすめの一品

焼き芋
蜜がたっぷり、中はクリーミーで、まるでスイーツのような一品です。

アラカルトメニュー

焼き芋&ジェラートセット
ひやっこdeブリュレ(夏季限定)
みついもぱふぇ(夏季限定)
カップdeひやっこimo(夏季限定)

 

基本情報

屋号 早雲蜜芋本舗
主要拠点 井原市
開業 2010年11月
連絡先 TEL:0866-62-0318
Mail:mitsuimo@ibara.ne.jp
連絡対応可能時間 平日9:00~17:00
担当者名 松本 瑞代|マツモト ミズヨ
WEB



関連記事

  1. kitchen car PAPY

  2. 今夜は君とスイーツ

  3. CORE Kitchen

  4. きっちんどぉ~ん☆

  5. amon’s cafe

  6. 井上家食堂

  7. 西口フードサークル

  8. Sprout Coffee

  9. 台湾カステラ中村屋